読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮田事務所

portfolio. kotolico is here.

ポートフォリオ的なものを

胡鳥子(ことりこ)です。初めまして。

胡が苗字、鳥子が名前です。

あちらこちらに色んなものを書いています。

 

ここは、私の日々の色々を集めて記録するポートフォリオです。メッセージなんかも全然ない内容なのにも関わらず、見に来てくださり、ありがとうございます。

 

お!これは!と、何かを見つけたり、思ったりした日に更新する予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

それではまたのちほど!

 

どこかではなすはなし

 

向田邦子 おしゃれの流儀 (とんぼの本)

向田邦子 おしゃれの流儀 (とんぼの本)

 

 

私は一番好きな作家は誰かと聞かれたら、迷わずに「向田邦子」と言う。

 今回のこの本は、"本に疲れた時になんとなく手にとってしまう”1冊。

 

私は、ものすごくペーペーだけどライターの仕事に就いている。基本的には毎日文章を書いたり、出来上がっている文章の校正をしたりする。大なり小なり、月に約26本の原稿を日本中のどこかへ提出して、お金をもらう。


時々自分が書いたものも含めて、色んな文章に疲れる時がある 。今後のこととか、妙にリアルな現実に打ちのめされて落ち込む。妄想だから理想は高くすればいいのになと思いながら、そうもいかないことを分かって、落ち込む。そういう時は、読書も文章も、どの活字も、なんだか息苦しくなる。 

 

でも、この本は別だ。逆に何にもしたくない時にいつも目に入って、手にとってしまう。向田邦子という女性作家の、素敵なお洋服をただ眺めるだけ。この本のト書きは読まないことが多いので、文章に関してはうろ覚え。この本は、ただ写真を見たい。

 

ここに載っている服は3,40年近く前の服や鞄、靴。でももし街の中で、このファッションの人が歩いていたら、あの人素敵だなと思うと思う。それはきっと私だけじゃないと思う。

 

明日着てみたい服が、最後まで詰まっている。しかもそれを向田邦子が選んで着ていたというところに、何だか励まされた。憧れるっていう力は無条件にリセットしてくれる。

 

私が思う向田邦子のすごいところは、彼女の頭の中にはいつも何かイメージがあって、まずそれがかなり精密なデザインであること。それからそれが正確に具現化できることだと思う。それは小説でも、エッセイでも。彼女の手から生まれるものはすべて。乱れているような描写も、いつも品がある。

 

この本を見てると服も同じだったんじゃないかと思う。どの服も、誰が着ても似合うものではなくて、向田邦子のために作られたような。向田邦子が着ると1番しっくりくるような服ばかり。

 

この本の主役は、もちろん向田邦子だから意味がある。でも、作家としてどうこうとか、エッセイストどうこうだとかを置いといたとしても。ただ単純に「そういう女性になりたい」って思える本だった。女性として、見知らぬこの女性のファッションに憧れた。

 

いつかこれになりたいって、しがらみを知らずにあっけらかんと言うような、そういう子どもの頃の何かに憧れた気持ちへとリセットできるような。そういう本。

 

 f:id:kotolicomyt:20170519014905j:image

なまえをつけてやる

f:id:kotolicomyt:20170510191702j:imagef:id:kotolicomyt:20170510191713j:imagef:id:kotolicomyt:20170510191707j:imagef:id:kotolicomyt:20170510191720j:imagef:id:kotolicomyt:20170510191723j:image

 

 

啓蟄してきた虫さん達の季節ですね('A`)

梅雨とか蒸し蒸ししたシーズンの虫は、なんか特に名前つけないとやってられません……

 

消えなかった小さな話

たとえ万人受けしなくても、自分だけの小さな話を忘れてはいけないと思って時々書いています。それを公開するのはやっぱり慣れないけど、でもまあ。夜だから何書いたっていいのさ。

(今回はちゃんと下書き保存をこまめにしたので消えませんでした)

 

 

 

1.おかあさん

さみしそうな 母さんの顔

こどもみたいな顔しちゃって

昔はもっと平気そうでドライだったのに

大丈夫よ って軽く抱きしめてくれて

今日からは 私が大丈夫よって

抱きしめる

私の方が平気そうに振舞わなければならないよ

 

おかあさん ずっとわたしの

おかあさんでいて

わたしより せのたかい おかあさん

  

少しそう思って、

でもそれはもう忘れることにした。

 

 

 

2.かわり

川を越えることに慣れてしまった

特別な旅だったのに

川を無視して携帯をいじるようになってしまった

辿り着くまでのすべてを見逃したくないと

思っていたのに

 

 

 

 

おしまい。

胃腸風邪に赤飯おこわおにぎりは厳しい!

f:id:kotolicomyt:20170507204356j:image

f:id:kotolicomyt:20170507204402j:image

f:id:kotolicomyt:20170507204407j:image

 

夫におかゆの作り方を教えることにします……

炊飯器で作れるからね……

昨日消えた いくつかのこばなし

はてなブログ使いこなせておりません。油断したらすぐ消える……こまめな下書き保存が命を拾う('A`)

 

ここに何も書かないのは本末転倒。小さい話を書くことにしました。と言っても改めて書いたものではなく、日々の暮らしのいつかのどこかで携帯に書き溜めてたメモ。やはり深い意味はないものばかりですが。私一人だけの私の頭の中の私の言葉を、こんなもの なんて思わずに勇気を出して載せてみます。

 

 

 

 1.うらない

雑誌で占いのページに目を通してたら、今の気持ちを言い当てられたような言葉が。今月のかに座はいい感じ

 

と思ったら、ふたご座じゃねーかこれ と今気づくと。まぁいいや今月の私はふたご座と思って過ごそう。

(かに座気になるけど)

 

 

2.ずるずる

日付が変わる頃から朝まで麻衣子用の切り絵作りや何かしらの作業をして、朝になったら映画をみて、このまま起きてやるぜと思いつつ耐えられずにお昼から3時間ほど昼寝をし。夕方にご飯の支度や洗濯やらして辻褄を合わせ、余った時間にずるずると読書をする。

 

 

3.鷺

次は鷺になりたい
鷺が好き
大きくて 白くて ひっそりと
緑の田んぼの中に一滴のような一羽がぽったりと
口をもぐもぐ動かして 一人遠くの空へ

 

 

4.きそがわ

雨が降るとさ 空気が綺麗になんの
私の0.7の視力でも、あの山に立つ鉄塔まで

くっきりと
あの山の向こう側まで見えそうで
一瞬の出来事。
ずうっと 向こうまで。

あの川の向こうが私の働く街
夜になると遠くからでもこうこうと光って
働く街だと言わんばかりに
向こうに帰る

 

 

5.にっちゃん

私が突発的にいなくなったら、

きっと私の匂いをもとめて部屋中を、

似たようなルートで真夜中にさまよい歩く

まったくどっちが幽霊か分からないよ。

 

 

6.----

人生舐め腐った日を暮らしています。
ニート生活やべーなーと思いつつ、なんかこう自分で自分を縛っていた何かから解放されたような安堵感です。

 

 

 

おしまい。